浪速 高津宮 七五三

  • よろこびの日
  • 門出を寿ぐ

七五三参りとは

七五三とは、江戸時代わが子の成長を祝う儀式として武家社会で行われていた風習です。
三歳で髪を伸ばし始める「髪置き」
五歳で初めて袴を着る「袴着」
七歳で大人と同じ帯を締める「帯解き」
というこれらの儀式がやがて七五三のお祝いとして
三歳、五歳、七歳で氏神様へ参拝し無事成長できた事への
感謝とこれから将来幸福また長寿をお祈りする形へと変わっていきました。
男の子は三歳と五歳、女の子は三歳と七歳に行うのが一般的です。
お子様の健やかなご成長のお詣りを高津宮にてお祝い下さい。